ペット用の自動給餌器には、「フードストッカー」と「トレイタイプ」の2つがあります

動物用のエサはスーパー、ペットショップなどで買うことができる最も一般的なドッグフードには、袋に入った固形のドライタイプと、缶や真空パック入りの柔らかいウェットタイプの二種類があります。

ドライタイプとは水分がだいたい6%から10%程度に抑えられる一方、ウェットタイプ側は60%から90%程度の水分が含まれたものになっています。

なお、半生タイプの水分量は25%から35%程度と言われています。

ドライタイプだと開封しても長期保存ができ、手軽である上に価格も手頃なので人気があります。

ウェットタイプは一度開封すると長持ちしないが嗜好性が良いと言われています。

えさで一番大切なのは、栄養のバランスが良いことです。

ごはんといっても、ペットショップなどに行けばいろんなタイプがあり、選ぶのも大変だと思います。

ペットが必要とする栄養素は、炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルと人とあまり変わりませんが、人間と犬と猫ではそれぞれ適切な栄養バランスは違うと言われています。

犬のご飯の回数は朝晩の1日1~2回が基本的法則ですが、可能な限り1日の量を3回に限定されることなく分けてあげてください。

チョロチョロ食べることで消化吸収もしやすくなるのです。

動物は食事の量というよりも回数によって満たされると言われています。

ご飯をもらえる頻度が多いほど、犬にとっては幸せなひとときが増加して心もおなかも充足感を得ます。

ペットの食事は、人が食べても安心な新鮮な材料が使用されているものを選びましょう。

ペットのからだに良くないえさと言うのは、基準値以上(法律で定められた以上)の農薬が残っていて出荷できない野菜など、人体に害のある廃棄用の食材が含まれていたりします。

人間の体に害のあるものは、人間と比較して内臓機能が劣る犬たちにとっても良いはずがありません。

なお、新鮮な材料を使っているペットフードは、動物たちの食いつきも良いので、添加物など、害がある物質での加工の必要が無くなるのです。

そうだとしても、オーナーが食べてみるわけにもいきません。

ペットフードに使われている食材などが新鮮かどうか、人間が食べても平気なものかは、販売者のホームページに記載されているので、確認することをおすすめします。

原材料に自信があるドッグフードであれば、必ずホームページで大きく記載されています。

ペット用の自動給餌器には、「フードストッカー」と「トレイタイプ」の2つがあります。

どちらでも良いのですが、メリット、デメリットがあるので、普段の生活や普段あげている餌のタイプなどに合わせて選びましょう。

自動給餌器の機能は、タイマー設定で自動的にペットにごはんを与えることができること。

詳細な作りは製造元によって千差万別で、設定できる時間の数が決まっているものから、何回でも自由に設定ができるものもあります。

設定時間がくると蓋が自動で開いたり、給餌口から自動的にフードが出てきたりして、ペットに食事をあげてくれます。

新しい製品だとえさをあげるだけでなく、高機能な自動給餌器が次々に登場して、驚くほど便利になってきています。

カナガンドッグフードはグレインフリーという穀物不使用の愛犬の健康のために考えられたドッグフードです。

愛犬にとって理想的な配合のため消化しやすい、ヘルシーでベストな栄養バランスが含まれています。

管理人のお世話になってるサイト⇒犬の餌ランキングといえばこのサイト